カウンター高速バスフットサル場

2008年02月23日

千葉県警察に職務質問される

事件は今日午前11時頃起こりました。
最寄り駅に向かって自転車を走らせていたんですよ。
でも駅のすぐ近くの駐輪場まで後15mくらいのところにパトカーが止まってたんです。

その時は「パトカーがいるな〜何かあったのかな〜」としか思わなかったのですが、
その横を通り過ぎた途端に、「すみません〜止まってください!」

でもその時私は音楽を聴いていたのでイマイチ聞こえづらかったんですよ。
別に何も悪いことしてないし、結構急いでいたのでそのまま走っていたのですが、
どうもその声が追いかけてくるんですね。もしかしてと思い振り返ると・・・


警棒を持った警官が追いかけてくるじゃありませんか!

いやもう軽くパニックですよ。えぇ〜っって感じです。
仕方ないから止まりましたよ。覚えている限りの会話です。

正「何ですか?何ですか?」(動揺してます)
警官「ちょっと待って。この鍵壊れてるけどどうしたの?」

この時乗っていた自転車は3年程前に盗まれています。
しかしその数日後に軽トラに乗った怪しい男二人組が
「江戸川で見つけましたよ」と言って家まで届けに来たのです。
その時はわ〜い戻ってきた〜としか思ってなかったのですが、
今考えると絶対おかしいですよね。
江戸川に落ちていた自転車を千葉まで届けに来ます?
どんだけいい人なんだって話ですよ。
その時ガソリン代として家から2千円ほど奴らは受け取っているので、
悪質商法の一種だったのだろうと推測しています。

話が脱線しました。結局自転車は戻ってきたのですが鍵は壊されていて、
面倒なのでそのまま放置していたのです。
警官は鍵が壊れていたので私が盗んだと勘違いしたものと思われます。

正「盗まれたときに壊されたんですよ」
警官「ふ〜ん。防犯登録は?」
正「は?」
警官「いやだから防犯登録だよ」(多分ステッカーのことだと思います)
正「それも盗まれたときになくなってたんですよ」
警官「ああそう。じゃああなたのものなのか確認するから。名前教えて」

と言うと前輪と後輪の間にある番号のようなもの(わかりづらくてすみません)を見て、
パトカーに戻って調べ始めたわけですよ。

後ろのシールに住所とフルネームがしっかり書いてあるんですよ?
盗んだ自転車にそんなの貼ります?それ見りゃ本人の物だって分かるでしょうよ。
結局この調査に3〜4分ほど付き合わされました。

警官「はい、○○様確かにあなたのものですね」
正「そうでしょう?」
警官「それからね、鍵壊れてるんなら付けた方がいいんじゃないの?盗まれるよ」
正「チェーンロックを持ってるんで大丈夫ですよ」
警官「ああそう。すみませんね」

ギギギ・・・文章で書くと大したことなさそうですが、実際かなり腹立ちました。
あの野郎・・・三遊亭円丈みたいな顔しやがって。
何なんですかね警察っていうのは。人に因縁つけるのが仕事ですか?




















posted by 正 at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
似た経験を自分も何度かしてます。鍵が壊れて、もともとついてたリング錠を取り外して乗っていたら止められました。

警察はリング錠があるかどうかで、自転車に職質するか判断してるので、リング錠をつけるのをオススメします。自分はつけてから一度も職質されなくなりましたよw。
Posted by clmj at 2008年02月24日 16:13
んね〜。なんでおまーりさんって
ああも上から目線なんだろ。
なめられちゃいかん!ってことなのかなぁ。
何にも悪いことしてないのにさぁ。
で、こっちが被害者になると
全然そっけないんだし・・・。
Posted by sedona at 2008年02月24日 20:41
>>clmjさん
なるほど!リング錠がそれほど重要なものとは思っていませんでした・・・
早速付けてみようと思います〜。
貴重な情報ありがとうございました!!

>>sedonaさん
何なんですかねあいつら。本当腹立ちました〜。
奴の顔は憶えたので今度顔を見たら後ろから制服に
唾でも飛ばしてやろうと思います(陰湿)




Posted by at 2008年02月24日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。