カウンター高速バスフットサル場

2007年12月09日

K−1WORLDGP2007決勝戦

少し遅くなりましたがテレビ観戦記です。
オープニングファイト第1試合
野田貢vsノエル・カデッド×(2R1:13TKO)
野田は今年アビディも破っていますし、来年はもっと使ってあげて欲しいですね。

オープニングファイト第2試合
ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキヤvsキム・ドンウック×(2R0:11TKO)
この試合、少し見たかったんですが残念ながら放送なしでした。

オープニングファイト第3試合
立川隆史vsキム・キミン×(1R1:21KO)
さて、我らが立川の試合です。
正直相手が弱すぎて何も分からなかったかなと・・・
だって相手は剣道家ですよ?流石にそれはどうかと・・・
とはいえデビュー戦に比べればかなり上達していたように思います。
今後の扱い方が気になりますね・・・誰と当てるんでしょうか?

第1試合
ポール・スロウィンスキーvsマイティ・モー×(2R0:50KO)
スロウィンスキーは相変わらずパンチへの対応が甘くピンチもありましたが、
ローを着実に効かせて終わってみれば完勝といっていい内容でした。
モーはいくらなんでもローに対応できなさすぎです。
このままではいつまでたっても開幕戦が精一杯といった感じですね。

第2試合
ジェロム・レ・バンナvsチェ・ホンマン×(3R判定3−0)
ホンマンの動きが終始鈍かったように思います。
やはり交通事故の影響があったのでしょうか?
何度か被弾したものの、殆どの場面でペースを握ったバンナが危なげなく勝ちました。

第3試合
セーム・シュルトvsグラウベ・フェイトーザ×(3R判定3−0)
2Rにグラウベの左ハイがヒットし最凶王者をぐらつかせましたが、
3R通じて見せ場はこれだけでした。流石はシュルトです。
しかし中盤から少し疲れを見せていたのが気になりました。

第4試合
レミー・ボンヤスキーvsバダ・ハリ×(3R判定2−0)
1Rこそ若干ハリが優勢だったものの、
2Rからレミーが盛り返し、最後はローを効かせて優勢に立ち判定勝利。
ハリは後一歩といった感じでした。まだ若いですしこれからですね。

第5試合
ピーター・アーツvs澤屋敷純一×(1R1:29KO)
最初のダウンを奪った右ハイはガードの上からでした。
それでも効くということは実力差がありすぎたということでしょう。
まあトップファイターの実力も分かったでしょうし、また来年頑張ってください。

第6試合
セーム・シュルトvsジェロム・レ・バンナ×(2R1:02TKO)
1R中盤まではバンナが前に出てペースを握るものの
終盤ピンチに陥り、2R1分過ぎにローをもらいダウン。
まもなくタオル投入で試合終了。7ヶ月前に靭帯の手術をしていたとか。
シュルトはやや棚ボタ的な勝利でした。

第7試合
ピーター・アーツvsレミー・ボンヤスキー×(3R判定3−0)
両者共に攻撃がやや雑だった気がしました。少しグダグダだったと思います。
試合はコントロールしている場面が長かったアーツがものにしましたが、
正直それほど差はないのでは?ワンマッチで見てみたいです。

第8試合
武蔵vsデビット・ダンクレイド×(1R2:59KO)
まあ相手が弱すぎだったかなぁと。ミドル一撃でKOって・・・

第9試合
セーム・シュルトvsピーター・アーツ×(1R1:49KO)
1R中盤にシュルトが左ジャブを出したところでアーツがダウン。
どうやら右ひざを痛めたようでそのまま立てずKO。
シュルトがあっさりと前人未到のK−13連覇を果たしました。
アーツ本人によると踏み込んだときに滑って痛めたそうです。不運でした・・・


正直今年のシュルトには昨年、一昨年のような凄みは感じませんでした。
シュルトが強かったというより、他が弱かったと個人的には思います。
正直シュルトの絶頂期は過ぎたのではないでしょうか?
でも止められる人も見当たらないので、当分シュルト政権は続くでしょうが・・・









posted by 正 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(3) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
シュルト、確かに調子悪そうでしたけど、それでも圧勝でしたからねぇ・・。
他選手とは余程のアドバンテージを築いていると考えて良さそうです。
K-1ルールではアクシデントでも無い限り、しばらくシュルト時代が続きそうな気がします。
Posted by mintslife at 2007年12月10日 15:31
グラウベ戦の後半辺りからスタミナが切れ始めていたので、
今回は本調子ではないのかなと思いました。
しかしそれでも頭二つくらい抜け出していますからね・・・
今現在のメンバーではちょっと期待できないので、
未知の強豪を探してきてもらいたいものです。
Posted by at 2007年12月10日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

K-1 WORLD GP 2007 FINAL
Excerpt: 明け方、地上波録画観戦でした。 トーナメントの結果と内容は、以下でご確認下さい。 K-1 WORLD GP 2007 FINAL >> (スポーツナビ) シュルト、強いなぁ〜。(汗) ..
Weblog: mints life
Tracked: 2007-12-10 15:29

K−1GP決勝シュルト史上初の3連覇
Excerpt: K−1GP決勝が横浜アリーナであり地上波を見た感想を書いた バンナVSホンマン・・・バンナがホンマンをスピードで攻略して バンナが3対0の判定でホンマンに勝利して良い内容だったね シュル..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-12-10 21:37

入れ替え京都J1昇格&K−1シュルト3連覇&医龍2
Excerpt: 医龍2は野口の手術する変わりに明真で朝田チームが子供の手術にしたが 野口は子供が助かれば契約が成立と言いサイドビジットも上手く行ったけど 子供は助からんと言っているけども果たして最終回に向け面白く..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-12-10 22:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。