カウンター高速バスフットサル場

2007年09月30日

K−1WORLDGP2007開幕戦

生では見れなかったので遅くなりました。

オープニングファイト第1試合
○強太郎レンジャーvsキム・ギョンソック×(2R2:14KO)

オープニングファイト第2試合
○キム・ミンスvsランディ・キム×(3R判定3−0)
この2試合はさすがに放送はありませんでした。

第1試合 スーパーファイト
○キム・ヨンヒョンvs柳澤龍志×(3R判定3−0)
ヨンヒョンがロー、膝でペースを握り、終了間際にダウンを奪い初勝利です。
柳澤もボディで相手の動きを止める場面がありましたが、殆ど単発でしたね。
インパクトは欠けたヨンヒョンですが、来年の予選に出てくるでしょうね。

第2試合 GP開幕戦
○バダ・ハリvsダグ・ヴィニー×(2R1:23KO)
ヴィニーはやはりパンチが巧いですね。前回より進化していました。
しかし1Rは様子見といった感じだったハリが2Rにエンジンをかけ始め、
中盤に右ストレートをクリーンヒットさせて完全KO。
ハリもますます進化していますね。

第3試合 GP開幕戦
○セーム・シュルトvsポール・スロウィンスキー×(1R2:26KO)
王者が第3試合というのはちょっと酷いです・・・
スロウィンスキーの動きは悪くなかったですが、
最凶王者相手では荷が重かったですね。また来年頑張ってください。

第4試合 GP開幕戦
○レミー・ボンヤスキーvsステファン・レコ×(1R2:50KO)
昨年の決勝以来の因縁の再戦となりました。
両者の意地が出たいい試合でしたね。個人的にはベストバウトです。
しかし打ち合いの中でレミーのフライングニーがヒットしダウンを奪うと、
レコは立ち上がりましたがレフェリーは試合をストップ。
もうちょっとやらせてもよかったような気もしますが・・・
まあ続いていてもレミーが勝ったとは思いますけどね。

第5試合 GP開幕戦
○グラウベ・フェイトーザvsハリッド”ディ・ファウスト”×(3R判定3−0)
1Rに膝、カウンターのパンチで2度のダウンを奪われたハリッドですが、
ダメージはあまりなさそうで2,3Rはパンチでグラウベを止める場面も。
もう少しボディなどへ打ち分けられていれば逆転もあったかもしれません。
ハリッドを応援していたので残念でした。

第6試合 GP開幕戦
○ジェロム・レ・バンナvsパク・ヨンス×(1R0:54KO)
いくらなんでも荷が重すぎですよね。ヨンス可哀想です。
でも噛ませ相手とはいえバンナの動きはよかったように思います。

第7試合 GP開幕戦
○澤屋敷純一vs藤本祐介×(3R1:34KO)
1Rは動きが硬く、鼻も折られ苦戦した澤屋敷ですが、
2Rになるとパンチの正確さで上回り一気に形勢逆転。
そして最終Rに気持ちの切れた?藤本から3度ダウンを奪い完勝です。
澤屋敷が勝つとは思っていましたが、まさかKOするとは!
藤本は今年始めに手にした日本最強の座を早くも明け渡すことに・・・

第8試合 GP開幕戦
○ピーター・アーツvsレイ・セフォー×(1R終了時TKO)
まあアーツも強かったですけどね。それよりもセフォーが酷すぎでしょう。
最近はあまりやる気も感じられないですし、そろそろ潮時ではないでしょうか。

第9試合 GP開幕戦
○チェ・ホンマンvsマイティ・モー×(3R判定2−0)
当然議論の焦点はなぜ2Rにダウンを取ったのかということでしょう。
この試合を見て最初に思ったのは、
今年始めに制定された(うろ覚えですが)、ローブローであっても
倒れたらダウンを取るといったルールが適用されたのかということでした。
しかし、それならば先日の武蔵vsヨンス戦は不可解です。
やはりホンマンをプロテクトしたと見られても仕方ないでしょう。
レフェリーとしての大成氏はK−1の中でも最悪です。
ですが、それよりも酷いのがインターバル中に
その場面について触れようとしなかったことです。
最近のK−1が格闘技ファンから白い目で見られるのはそういう点でしょう。
レベルは高くなってきたのに惜しいです。

このプロテクトがホンマンの助けになったかというとそれも疑問ですね。
今回のホンマンは徹底して前蹴り・ミドルで距離をとって、
きっちりと左のガードを上げるなどモー対策をしてきたことが窺えました。
ですがこの裁定があったことで後のなくなったモーが、
半ばヤケクソで前に出てきたことでホンマンが劣勢になる場面もありました。
2Rの裁定がなかったら、もっとホンマンのワンサイドで
オランダでのシュルト戦のような試合になっていたと個人的には思います。
不可解な判定はどちらの選手にもいい影響を与えません。


最後後味が悪かったものの、なかなか面白かったです。
決勝進出者はハリ、シュルト、レミー、グラウベ、バンナ、
澤屋敷、アーツ、ホンマンとなりました。なんと予想が完璧に的中です!

そして組み合わせも決まりました。

第1試合
ジェロム・レ・バンナvsチェ・ホンマン
第2試合
セーム・シュルトvsグラウベ・フェイトーザ
第3試合
バダ・ハリvsレミー・ボンヤスキー
第4試合
ピーター・アーツvs澤屋敷純一


さ、再選が二つも・・・抽選なんで仕方ないですけどね。
予想としては、1回戦は
○バンナvsホンマン× ○シュルトvsグラウベ×
○レミーvsハリ×   ○アーツvs澤屋敷×

準決勝以降は
○シュルトvsバンナ× 
○レミーvsアーツ×
○シュルトvsレミー×ですね。シュルトの牙城は今年も崩れないでしょう。









posted by 正 at 18:07| Comment(5) | TrackBack(4) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
予想パーフェクト的中、素晴らしいです!
私はレミーがレコにやられそうな気がしていたんですが、今回のレミーは気合いが違いましたね。

決勝も本命シュルトは堅そうですけど、バダハリvsレミーは個人的に楽しみなカードです。
Posted by mintslife at 2007年09月30日 23:39
こんばんは。
決勝も面白くなりそうですね。
どの対戦も無傷での勝ち上がりは難しいでしょうから、シュルト撃破のチャンスはありそうですけど…。
とにかくシュルト優勝は阻止して欲しいです。
Posted by waraneko at 2007年10月01日 21:46
>>mintslife様
ありがとうございます!
ハリvsレミーは両者上り調子ですし、かなり楽しみですね〜。

>>waraneko様
グラウベがどこまでやれるかでしょうね。
勝てはしなくても、ダメージを与えれば奇跡があるかもしれません。

Posted by at 2007年10月01日 22:20
こんにちは^^
いつもありがとうございます。

3度目の対戦となるグラウベがどこまで戦えるかですね。

打倒シュルトはアーツが最有力だと思いますが、どうなるか・・・。
Posted by ハリビー at 2007年10月03日 15:09
グラウベは確実に強くなっていると思うのですが、
シュルトにはちょっと勝てる気がしないですね〜。

アーツは昨年の決勝でも序盤は優勢でしたからね。
ホンマンも相性的にいい感じがしますが、どうなるでしょうか・・・
Posted by at 2007年10月03日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

K-1 WGP 2007 開幕戦
Excerpt: 本日納品された液晶テレビでスカパー生観戦後、地上波も録画観戦。 やはり、アナログのスカパーと比べると、地デジの方が圧倒的にキレイ。(笑) 40インチとかになると、かなり違いが出るんですね〜。 ..
Weblog: mints life
Tracked: 2007-09-30 23:35

Kー1WORDLGP開幕戦IN韓国
Excerpt: Kー1WORDLGP開幕戦のトーナメントが韓国で行われて 地上波を見てトーナメント勝利し横浜に進出の8人が決定した シュルトは余裕でKO勝利しクラウベは苦戦も判定で勝利して ボンヤスキーは因..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-10-01 14:57

鴎+10&ガンバは大分に辛勝ち&K−1開幕戦IN韓国
Excerpt: ガンバは戦で終了間際にバレーがゴールし1対0で辛勝し勝点55で は久保3失点で打線1点しか取れずシーズン連覇で胴上げ見て K−1は良い試合が多かったけども審判が悪すぎて消化不良だね 6時..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-10-01 14:57

【K-1 WORLD GP 2007 FINAL 16】
Excerpt: ■2007年9月29日(土) 韓国・ソウル・オリンピック第1体育館■ K-1GPも無差別ってのが良いのか悪いのか。 規格外に大きい選手が有利なのは如何ともしがたいしねぇ。 この停滞した空気、..
Weblog: 笑う猫には福来たる。
Tracked: 2007-10-01 21:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。