カウンター高速バスフットサル場

2007年06月21日

UFC72&MMA情報

ストライクフォースも迫ってきましたね。
まずはUFC72の結果から。

第1試合
ダスティン・ハゼレットvsスティーブン・ランチ×(1R2:50チョーク)

第2試合
エディ・サンチェスvsコリン・ロビンソン×(2R0:32TKO)

第3試合
マーカス・デービスvsジェイソン・タン×(1R1:15KO)

第4試合
エド・ハーマンvsスコット・スミス×(2R2:25チョーク)
ちょっとハーマンを見くびってました。スミスに勝つとは・・・

第5試合
タイソン・グリフィンvsクレイ・グイダ×(3R判定2−1)
文句なしに今大会ベストバウトでしょう。いい試合でした。
判定は私の印象では若干グイダかなぁと思いましたが・・・
まあどちらとも取れる内容でしたし仕方ないですかね。
しかしグリフィンのここまでの苦戦は予想外でした。
もしかしたら70kgだと戦いにくいのかもしれませんね。
本来の階級に落としてWECで頑張った方がいいかもしれません。

第6試合
ジェイソン・マクドナルドvsローリー・シンガー×(2R3:18TKO)
実は自分でブログに動画を載せておきながら自らは忙しくて見れず、
今日見ようと思って開いたらすでに削除されてました(泣)
というわけで、第3、4、6試合は見れませんでした・・・
特にこの試合は見たかったので残念です。誰かの再upに期待ですね。

第7試合
フォレスト・グリフィンvsヘクター・ラミレス×(3R判定3−0)
もう少し苦戦するかと思っていましたが、グリフィンのワンサイドでした。

第8試合
リッチ・フランクリンvs岡見勇信×(3R判定3−0)
厳しい試合になるとは思っていましたが、やはり残念です・・・
多くのサイトで言われているとおり、3Rの動きを2Rにできていれば・・・
しかし、正直ここまで健闘できるとは思っていませんでした。
決して越えられない壁ではないことがよく分かりましたね。


ここからは22日のストライクフォースの話題です。

ジョシュ・トムソンvsニック・ゴンザレス
相手の実力が今ひとつ判断できませんが、トムソンが勝つと思います。

ユーゲン・ジャクソンvsダニー・ヒギンス

マイク・ペイルvsアーロン・ウェザスプーン

ジェイソン・ヴォン・フルーvsルーク・スチュワート

ポール・デイリーvsドゥェイン・ラドウィック
これはデイリーがどこまでやれるか楽しみですね〜。

カン・リーvsトニー・フリンクランド
期待しているカン・リーの総合4戦目です。
相手のフリンクランドは実績十分ですし、真価が試されそうですね。

ポール・ブエンデロvsカーター・ウィリアムス
K−1のカーターが出場です。何気に4戦やってたんですね。
しかし相手がブエンデロでは・・・厳しい戦いになりそうです。

ジョーイ・ヴィラセニョールvsムリーロ・ニンジャ
ニンジャはライセンスが許可されないという問題があったそうですが、
無事に出場できるようです。よかったよかった。
試合ですが、今のところニンジャは83kgであまり結果が出ていないですし、
ヴィラセニョールが地味に勝ってしまうかもしれませんね。
この試合はEliteXCミドル級王座決定戦となっています。

フランク・シャムロックvsフィル・バローニ
フランクはブランクがありますし、今のバローニには勝てないでしょう。
この試合はストライクフォースミドル級王座決定戦です。

それなりに楽しみですね。









posted by 正 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 12:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。