カウンター高速バスフットサル場

2007年05月28日

UFC71

注目はやはりリデルvsジャクソンの再戦でしたね。
第1試合
ウィルソン・ゴヘイアvsカルメロ・マレロ×(1R3分06秒ギロチン)
ゴヘイアのローが素晴らしかったですね。マレロに何もさせずに圧勝でした。
今後も注目していきたいです。動画はこちら

第2試合
ディン・トーマスvsジェレミー・ステファンズ×(2R2分44秒腕十字)
トーマスのグラウンドテクニックは凄いですね〜。
ステファンズもパウンドで見せ場を作りましたが、最後は腕十字で一本。
しかしストップが早いでしょう。もう少しやらせてもよかったのでは?
動画はこちら

第3試合
アラン・ベルチャーvsショーン・サーモン×(1R0分53秒ギロチン)
階級を上げて臨んだベルチャーでしたが、サーモンをギロチンで53秒殺!
次もライトヘビー級でやるのでしょうか?動画はこちら

第4試合
チアゴ・シウバvsジェームス・アーヴィン×(1R1分06秒TKO)
ここまで無敗のチアゴでしたが、アーヴィンの方が格上だと思っていました。
しかし結果を見るとチアゴのTKO勝ち!アップセットだ〜と思いましたが、
どうやらアーヴィンが膝を壊してしまってのTKOだそうです。
まあ勝ちは勝ちです。次戦に期待がかかりますね。

第5試合
カリブ・スターネスvsクリス・レーベン×(3R判定3−0)
映像確認できませんでしたが、レーベンはこのところ不調ですね。

第6試合
ヒューストン・アレキサンダーvsキース・ジャーディン×(1R48秒KO)
今大会最大のアップセットといっていいでしょう。
アレキサンダーはいい打撃ですね〜。しかし先制のダウンを奪われていますし、
まぐれなのかはもう1試合見てみないと何とも言えませんね。
ジャーディンはグリフィンを下し、タイトル挑戦まで行きたい所でしたが、
思わぬところで敗れてしまいました・・・動画はこちら

第7試合
テリー・マーティンvsアイヴァン・サラベリー×(1R2分04秒TKO)
マーティンは階級を落としてから絶好調ですね〜。
敗れたサラベリーは引退だそうです。お疲れ様でした。動画はこちら

第8試合
カロ・パリシャンvsジョシュ・バークマン×(3R判定3−0)
全試合見たわけではありませんが、個人的には今大会ベストバウトです。
もっとパリシャンが圧倒するかと思いましたが、バークマンが健闘したので
いい試合になりました。バークマンも評価を落とす負けではないでしょう。
動画はこちら

第9試合
クイントン・ジャクソンvsチャック・リデル×(1R1分53秒TKO)
このカードは発表されたときはリデルがリベンジするかなと思いました。
しかし大会直前になってやっぱりジャクソンかなぁと思い、
MMARANKER様での予想大会ではジャクソンに賭けました。
予想的中です!しかしここまで圧倒するとは・・・相性は怖いですね。
動画はこちら

次期挑戦者はダンヘンだそうです。
もうやりたい放題ですな・・・













posted by 正 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43184661

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 01:19

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 10:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。